ミャンマーの現調


アーマシーブ

力がない

日本でもミャンマーでも、

新規の物件が動く時には、

現調を行います。

新築であれば土地、

改装であれば建物といった具合に。

ただ、日本とミャンマーでは手間が違います。

ミャンマーでは、図面その他の資料がまったくありません。

時間と予算に余裕があれば、

専門業者に調査をお願いすることも出来ますが、業者もミャンマーなので信頼性の問題もあり。

僕は意匠デザインですから、

最初からある程度のプランは必要となり、写真の様に寸歩をおさえる事になります。

いくら完璧におさえたつもりでも、

数階分をCAD化する際につじつまが合わない事もしばしば。

想像力もふる活用で、

脳がアーマシーブ。

ただ、ここからが面白いところですので、

ファイト一発!です!


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2015 godai DCM Myanmar Co., Ltd. | e298148@gmail.com