検索
  • Shuji Ota

ミャンマーの厨房


バイサーデ

サーピービ

バイナーデ

お腹すいた

食べ終わった

お腹いたい

某王手ミャンマー料理店でカウスエ(麺料理)をおいしく食べた後、

おかしく下痢になりました。

ミャンマーあるあるですね。

こういった出来事にまったく驚かなくなった自分がいます。

そして、最近はどこでもミャンマー語で話しかけられます。

良いのか、悪いのか。

レストランは住宅と違って特殊な機器が必要となります。

厨房機器もその一つ。

ミャンマーに厨房機器メーカーはありませんが、

輸入品を扱うお店はあります。

ですが、カタログを見て、スペックを見て選べるレベルには達していません。

在庫限りの中から決めることになります。

人が毎日使うものですから、使い慣れたものを母国から入れるのか。

非常に難しい選択を迫られます。

godai DCMM ではお客様が納得されるまで、

どこまでもご一緒させていただきます。

知りうる限りのお店を案内させていただき、

出せる限りの知恵を使います。

発展途上の異国ですから、母国のようにはなかなかいきません。

文字通り足を使い、汗を流す必要があります。

汗を流した後のビールはうまい!

ではなくて、

完成した際の感動は格別です!


61回の閲覧

© 2015 godai DCM Myanmar Co., Ltd. | e298148@gmail.com