検索
  • Shuji Ota

ミャンマーの一般家庭


疑問:~ラ

肯定:~デ

否定:マ~ブ

シー:ある

ホ:そう

シーラ(あるの)

シーデ(あります)

マシブ(ありません)

ホッラ(そうなの)

ホッデ(そうです)

マホブ(違います)

※ホがホッになるのは、ローカルの発音より。

これだけでも話せれば、何となくいけます。

文法は日本語とほぼ同じですから。

イエタンシーラ(水ありますか)

なんて具合に。

godai DCMM には倉庫が2つあり、

写真はその倉庫の内の一つ。

この様な中にあります。

切った貼ったで今にも崩れそうな感じもしますが、

これがミャンマーの一般家庭です。

大都会ヤンゴン市内ですから、これでも立派な方になります。

超ローカルエリアで外国人の姿もなく、

皆顔見知りですから治安も非常に良いです。

倉庫をかまえるにはバッチリな場所です。

側溝を見れば、給水なのか排水なのか、そもそも活きてるのか。

電柱を見れば、電気なのかネットなのか、そもそも活きてるのか。

特に電気は、バチバチと火花を飛ばし電線が暴れている時もあり、

非常に危険です。

その後はエリア一帯が停電とかあります。

通常30分ほどで復旧しますから、

ある意味凄いのですが。

20円ほどで乗れるバスと電車です。

ダイアは適当、途中で故障はあたりまえ。

ですが、これが一般ミャンマー人の足です。

約束の場所に、約束の時間にほぼ来ません。

車は夢の夢であり、タクシーすら縁がありません。

大学卒の月給が2~3万円ですから、

タクシーちょい乗りの200円が払えないのです。

切った貼ったの家をあとにし、

電気が火花を飛ばす道を歩き、

故障当たり前の交通機関で街へ出ます。

昼は市場であり、

夜は酒場であります。

朝から夜まで街には人があふれ、

夜中まで道端で座ってコーヒーやお酒をのんで語っています。

平均年齢28歳のこのエネルギーは凄い。


94回の閲覧

© 2015 godai DCM Myanmar Co., Ltd. | e298148@gmail.com